エルカンプーレ

■エルカンプーレ 


ペルーのアンデス山系、標高3500〜4000mの
寒冷高地に自生するリンドウ科の双子葉植物です。

ペルーではプレインカ時代より、伝統的な薬草として服用されてきました。

エルカンプーレの語源はケチュア語で“町から町を歩いて移動する”
という意味で、インカ帝国時代は色々な薬草を持って往診する医者のことを指していました。この語源からも、エルカンプーレには多くの薬効があると考えられてきました。

古代文明の遺跡から、発掘された土器や織物の多くに
エルカンプーレが描かれており、
この草と一緒に必ず痩せた女性が描かれていることから、
この草は“ダイエットに効く”といわれています。

近年ではペルー国内だけでなく、欧米諸国でダイエット用途として人気のある植物です。



posted by 705 at 17:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語集

プエラリア

■プエラリア

プエラリア(学名:プエラリア・ミリフィカ)は、
タイ国北部の落葉樹林で育つマメ科クズ属の植物で
現地ではガウクルアとも呼ばれている

このプエラリア(プエラリア・ミリフィカ)には
大豆の約40倍に相当するイソフラボン誘導体が含まれており
さらに、イソフラボンの100倍の量のミロエステロールと
1000倍のデオキシミロエステロールが研究により発見された

この成分は、現在のところプエラリアからしか発見されていない

美容効果、美乳効果があると言われている

イギリスの科学誌「ネイチャー」に
「プエラリアに含まれるイソフラボン誘導体に豊胸効果がある」
と発表されてからは、世界中の研究者の注目を集めることとなる
posted by 705 at 17:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。